2015年6月27日土曜日

生命を作る



今朝、アトリエへ向かう道沿いにある、デイケアセンターの出入口傍に
茄子の鉢植えが置いてあり、小さな紫色の花を咲かせていた。

鉢植えであること、太陽光の日の強さもあるのだろうか、
何故か弱々しく見えた。

昨日、あるお客様の敷地を見に、郊外の田畑が点在する場所へ伺った。
そこには、少量ではあるけれど茄子や胡瓜、
トウモロコシなどが自家消費用に栽培されていた。
家族が美味しく食べられるように、丹精込めて栽培されているのであろう、
その野菜の花弁はこれから実を付けるために精一杯美しく輝く色をしていた。
鑑賞用ではないこの野菜たちの生命力溢れる葉脈や花弁、
受粉を誘う雄蕊、雌蕊の魅力的な色合いなど
生きた野菜達に感動してしまった。
有機栽培のようで、葉のあちこちに虫食いも穴が開いている。


























































茄子の枝や葉脈がこれほど深い紫色をして
艶々しているのは最近あまり見たことがない。
胡瓜だって蔓や小さな実のイガイガが生き生きしている。
きっと野菜本来の味がして美味しいに決まっている。

幼い頃、住まいの小さな菜園には色々な野菜が植えられていた。
母は兼業農家の出身で、女学生の頃、米や野菜の世話をしていたので
菜園で野菜を作ることは日常生活の一部であり、
大事な食糧の一つだったのだろう。

僕は、お腹が空くと庭の野菜を収穫してもらい、裏の井戸水で少し冷やした。
胡瓜は表皮のイガイガがちょっと痛かったが、
ヘタを切り、実と白い泡がでるまで擦り合わせた。
それから包丁で荒く剥いて、手に塩をこすりつけ、両手て胡瓜を揉んだ。
それをガブリとかじれば、青臭い胡瓜の匂いとちょっと甘い味がした。
実も大きく曲がった、芯の種の部分もたくさんある、
今どきのスマートな胡瓜とは違うが、何とも言えない夏の匂いがした。
冷やしたトマトは砂糖を付け丸ごとかじった。
ヘタに近い部分のトマト特有の青臭さは、今でも脳裏にしっかりと記憶されているが、
あんな陽の光の味がするトマトは何処へ行ったのだろう。

大きな茄子は炭で焼いて、水に浸け「熱い熱い!」と言いながら皮を剥かされた。
醤油に砂糖とみりん、煎り胡麻を荒く潰したタレが茄子の上にかけられ
ささやかな食卓を飾った。

農家であった祖父の家に行くと傍に、近所の人が作った野菜を販売する店があり、
10円玉を握りしめて駆け込む。黄色いマクワ瓜を買うためだ。
丸ごと一つをかじる。芯にある連なった種を片手で取り除きながら、
それほど甘くはない白い身の部分に食らいつく。
どちらかと言えば甘い野菜というものだろうか。

 (インターネットの写真より)

青々とした水田の畦道に腰を下ろし、心地よい風に吹かれながら
黄色の瓜を食べることが最高の幸せだと思っていた。

幼い頃、素性のはっきりした食物を食べる機会が
今の子供たちより多かったかも知れない。
素材の持つ本当の味を都会の子供よりたくさん経験したかも知れない。
駄菓子屋で何が原料かわからないお菓子はあまり食べなかった。

それは今の健康な身体を作る基礎材料になったのだと思う。

命をつなぐ太陽の光を存分に浴びた食物を、
たくさん食べられたことにとても感謝しています。



2015年6月24日水曜日

友 遠方より来る。。。



仕事の話の中だけで、相手の事を知ろうと思っても、
分かり合えるはずがない。

ましてや外国の方で言葉が通じ合えるわけでもなく、
通訳の方を通して話しているのだから、
どこまで核心に近づいているのかわからない。

そんな時は思い切って、
美味しい食事と杯を重ねるのが一番の近道だと思う。















美味しい食事は互いの緊張感を和らげ、
美酒は口元を滑らかにする。
見たことのない食材に目を輝かせ、
日本の繊細な味覚を存分に楽しんで頂く。
亭主や女将の細やかな気配りが、
自然に互いの距離を近づける。

テンションが上がれば、
会話の中に互いの本音も垣間見える。
「山口さんと知り合えて本当に嬉しいけれど、
この店に連れてきてくれたことが一番嬉しい。。。。」
それが一番の褒め言葉だと思った。















すごい勢いで平らげた鯛めし。
鯛の頭と鳥取産の有機米を一緒に土鍋で炊き込む。
炊きあがってから、鯛を取り出し
丁寧に骨とアラを取り去って、身をもう一度土鍋に戻し
檸檬をギュッとしぼって、少し蒸らしたものを
よそおって貰った。手間のかかる地味な作業だ。
雑味が抜け、鯛のうま味がお米の甘みと絡み合う。
緊張感が解れた「M」さんと僕との関係のようだ。
(ちょっと言い過ぎかな)

趣味は食べることや食材の探求、そして旅行。
その国のマーケットを覗きに行くのが一番好き。
そりゃあ僕も一緒。
市場の中の生き生きとした庶民の姿を見ることが
その国に来たことを実感させてくれる。
二人でノリノリの旅が出来そうだ。

何故か昨夜は日本酒を飲んでても
変な酔い方はしなかった。

料理に合った間違いのないお酒を出してくれたのでしょう!

「肥後橋 やま本」の亭主と女将に感謝します。
良心的な価格で、目利きされた本当に良い食材で
感動する料理を作ってくれます。

皆さん、本当の日本料理を食べてみたくなったら是非どうぞ。

肥後橋 やま本

大阪市西区江戸堀1丁目18-20
電話 06-6147-8227
お休みは不定休です。















最後にお店の前でパチリ。
若草色の暖簾が目印です。

2015年6月19日金曜日

タブラオ



今年は何か海外にご縁があるのだろうか。
色々な出会いも少なからずあるし、
私たちの仕事が海外ウエブサイトで紹介されたり、
7月にはイタリアトスカーナからお客様もいらっしゃる。
ひょっとして海外での仕事が舞い込むかも知れない。

この数年、忙しすぎて海外に出かける機会は少なく、
何かこの悶々とした、惰性の日々を解消してしまいたい。

どこの国、どの場所へ行きたいということは無いのだけど
何か刺激のある場所がいいかな。
そんなことを思いながら過去の旅行先の写真を整理していた。

1枚の写真には色々な思い出が詰まっている。

あるフラメンコの写真が目に止まった。

場所はマドリッドのタブラオ
「CORRAL DE LA MORERIA」
マドリッドを代表するタブラオで、
一流フラメンコダンサーが出演する店らしい。




















































写真の彼女のダンスは大らかで、ゆったりとしスケール感のある
とても魅力的なショウだった。
大人の女性の成熟した色香が漂い
情熱的な赤に白のドット模様のドレスが、
少し小麦色の肌に似合っていてとても魅惑的。

フラッシュを使わないで撮影しようとすると、
フラメンコは動きが早くて、シャッターを切ってもピンボケになるのだけど、
彼女はピシッと決めポーズをしてくれるので助かった。
タブラオはショーが始まるのが遅くて、午後11時過ぎがスタートで
深夜2時頃に終わる。
頭の中は半分寝てるので、意識が朦朧としている。
そんな中でギターや男性のハスキーな歌声、カスタネットの響きなどが
ハイの状態の中で体中に響き渡る。

主役のフラメンコダンサーが出演する頃には
もう何がなんだかわからない状態で、
シャッターを押し続けた。







































この店の空気はとても心地よかった。
さほど大きくない店で舞台も目の前にある。
ダンサーの息遣いも間近に聞こえてくる。
ライティングが絶妙で、白い壁に踊り子のシルエットが
幾重にも映り込む。
直接ダンサーの踊る姿を見るよりも
壁のシルエットを追い続ける方が、何かタブラオらしかった。
そのシルエットにピントを合わせてシャッターを何枚も切ったのだが、
残念ながら、映り込んだものは何だかサッパリわからない影ばかり。

それにしてもショウが終わり、深夜人気の少ないマドリッドの街で
タクシーを拾うのはさすがに怖かった。

2015年6月9日火曜日

バンコクからの訪問者




ある知人からどうしても会って欲しい人がいるので
時間を作って貰えないか?と連絡があった。

詳しい内容は聞いていなかったのだが、
断る理由もないので会う約束をした。

昨日が約束の日だったのだが、
アトリエに来られたのは白人男性と日本人女性だった。
外国の方とは予想してなかったので少し驚いた。
彼はベルギー人だがオランダ語圏生まれの男性です。

タイのバンコクで、インテリアに関連したアート作品をデザインする
「ALEXANDER LAMONT」のスタッフで日本など極東地区の担当者だそうで
バンコクからやってきた。
日本ではまだスタートしたばかりのようで、色々模索中とのこと。
テーブルの上に、持参したサンプルを並べ始め、カタログを手に説明を始めた。


































材料はシャグリーン(エイの皮)、ストローマルケタリー(藁の寄細工)、
漆、ブロンズ、パーチメント(羊皮)などで、それを伝統と現代的なデザインを使い
新しいインテリア商品やオブジェなどを作りだす。
高価ではあるが、とても魅力的な商品群だ。

下の写真の手前にグレーの素材がシャグリーンで、
ベースになる板などの素材に貼り付け、
ミャンマー漆などを塗り重ね磨きだすと
石やタイルに似た風合いが生まれる。
なかなか高級感のあるアイテムです。




















写真で手に持っている大きなパネルが
フランスで100年程前から作られていたストローマルケタリーで、
とても繊細な材料だけど、貼り込むパターンにより、
メタリックな質感が生まれる。
藁とは思えない存在感に驚いてしまった。
ガラスのカバーは必要だが、テーブルトップなどにも使うそうだ。




















何故バンコクなのかといえば、
労働力の問題と職人の技術力、
アジアの伝統的な工芸、美術品の豊富さが
イギリス人のオーナーで、デザイナーのLAMONT氏の
心を揺さぶったようだ。
バンコクを拠点に世界中に展開されているようだが、
ハイエンドのホテルやエルメス、ヴィトンなど、
ブランドショップに製品は使用されているとのこと。

デザインを職業としている者にとって
とても魅力的なアイテムだと思う。




















アトリエで現在計画中のあるプロジェクトに
使ってみたいと考えているが、
クライアントをどうやって説得しよう。
気に入って貰えるはずなんだが、
制作コストを理解してもらわないと。。。。

しかし、最近海外の方とのコンタクトが急に増えました。

私たちに興味を持って頂けるのは大変有難いし、
他国の文化圏の方と話をするのは楽しいです。

こちらも海外に飛び出さなくては。。。。