2015年5月30日土曜日

クチナシの匂い



アトリエの庭の端にある小さな生垣は
クチナシの花が満開になっている。
今年は特に花の量が多い。




















白い、派手ではないが上品な花だ。
昨夜、帰り際に若いスタッフと生垣の前を通った瞬間、
ふあっと、熱帯の甘い、濃厚な匂いがした。
「わーっ何の香りですか?いい匂い」とスタッフは呟いた。

若い人たちは「クチナシ」という花を知らない人が多いのかもしれない。
わがアトリエのスタッフも知らなかった。
初夏、白い花とこの香りをしらなければ
ただの青々とした葉の常緑樹だ。

クチナシはこの建物が出来上がる時、
僕が指定して植えて貰った。
勿論、香りがよいことを承知して。















今までインドネシア バリ島へよく通っていた。
喧騒を離れ、山間の小さなラグジュアリーホテルに泊まることが多かったのだが、
ロビーにはこのクチナシの香りによく似た花、「チューベローズ」日本名(月下香)が
毎日、大きな束で活けられていた。
この花は夜になると増々香りが強くなるという特徴がある。
だから夜、近所の寺でバリの民族舞踊「レゴン」や「ケチャ」などを鑑賞した後
ホテルへ帰ってくると、このチューベローズの香りに包まれる。
それは記憶の根底にガムランの音と共にしっかりと沁み込んでいる。

「チューベローズ」  google検索より転載



















クチナシの香りが粘膜を刺激した瞬間、心は遥か彼方へ飛行し始めていた。

高松のクライアントの奥様から、アジアンリゾートの雰囲気が好きなので
インテリアのどこかに表現して欲しいとリクエストがあった。
チューベローズは育てるのが難しいだろうから、
このクチナシを目立たない風通しのよい露地に植えれば
この季節どこからともなく、熱帯の魅力的な香りが室内に漂ってくるだろう。

次回はこの事をお話してみよう。

クチナシの花を1つ摘んできた。
パソコンの横に何気なく置いているだけだが、
たまらなく良い香りがこの辺りに充満している。
ブログを書きながら、頭の中にはガムランの音が響き渡っている。。。


0 件のコメント:

コメントを投稿