2015年3月16日月曜日

梅とメジロとタルトタタン



数日前、大阪府下、大東市へ敷地調査に出かけた。
学研都市線の住道駅で下車し、いつものように現地まで歩き出す。

この辺りはほとんど来たことがなく、初めて訪れる地域でした。
駅を降りると駅前広場が眼下に流れる寝屋川の上に作られており
川の向こう岸にバスなどのロータリーがある。
あまり見かけない光景にちょっとびっくりしました。

旧道らしき道をスタッフとテクテク歩いていく。

寝屋川に沿って道は北上する。
駅から少し離れると街道に沿って旧家が立ち並んでいて、
その中の1軒がとても立派なお住まいだったので、
敷地をぐるりと一周してみようということになり、
脇道へ入った。

敷地の向こうには畑が広がり、長閑な風景だ。
ふと上を見上げると、満開の梅ノ木があった。

よく見れば枝先に2羽のメジロが花弁に嘴を差し込んでいる。
近づいても逃げようとしない。
むしろきれいな声で囀っている。
太陽に照らされた黄緑色の羽毛がとても美しく、見とれてしまった。





























まだ若い兄弟なんだろうか。
近くの枝には巣も見える。
梅に鶯ではなくメジロだが、良い香りとピンクの花びら、
そして黄緑色の美しい小鳥。
こんな美しい風景が梅田のど真ん中にあるアトリエから
電車で30分足らずで体験できることは本当に嬉しい!
何かとても幸せな気分。
現地調査もスムーズに終了し、満ち足りた気分で帰路につく。

幸せ気分ついでに、寄り道して大阪駅構内にある
チーズケーキで有名な「デリチュース」へ立ち寄った。
本日はチーズケーキではなく、季節限定の「タルトタタン」















このケーキの表面を覆っているリンゴのコンフィチュールらしきもの、
なんとなくプラムの香りがして、思わず先程の梅の枝を思い出した。
しっとりとしたリンゴとサクサクのパイが絶妙なハーモニーでした。
見た目よりサッパリしてて美味でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿