2015年3月10日火曜日

その手は桑名の。。。



三重県桑名の蛤を食する食事会の機会に恵まれました。
「その手は桑名の焼き蛤」の、あの蛤です。

桑名の蛤も最近は中国産が多いそうで
稚貝を輸入し、砂場で育てて出荷するのだそうですが、
今回は天然の蛤、それも直径10cmほどある大物。

それをシンプルに茹で上げる、
これが素晴らしく美味しい!
弥生月でもあり、女性の参加者が多かったのもあって
節句に因んだ食材を使った料理を作って頂きました。

まずは甘酒に酸味を加えて、豆と海老。
春を感じる、そして女性達のための饗宴の始まりです。
今日は男性は脇役ですね。














それから春らしくユリ根饅頭にうすいえんどうのクリームソース
そして出汁に荒く溶いた雲丹。
ユリ根饅頭の中身は海老です。彩も鮮やかです。
















そして桑名の蛤。
これが素晴らしく美味しいです。シンプルな味付けですが
貝の持つ旨味が凝縮されて、女性たちの歓声が上がりました。
女医先生から「いい塩梅です!」。。まさにその通りです。














雛祭らしく押し寿司、上には蒸し穴子。
全体に味のバランスが取れてて、美味しいです。

















先程の蛤の出し汁を使って、うどんを作って貰いました。
するするとお腹に入っていくうどん。
「何杯でも行けそう!」と声を上げたのはある女性社長。
今回の主役達は女性なので、どうぞどうぞ気の済むまで
食べて下さい。















女性たちが元気なのはとても良いことです。
いつもながら彼女達のパワーには圧倒されっぱなしです。

しかし、何であんなに猫ちゃんの話で盛り上がるんだろう!
僕にはよくわからん世界です。。。

動物写真家の岩合さんちょっと教えて下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿