2014年12月18日木曜日

ハイダウェイ(大人の隠れ家)



本日、2ヶ月ほどご無沙汰していたお客様のご自宅へ伺いました。
少し郊外にあるこの辺りはやはり気温も低め。
電車に乗って目的地に近づくにつれ積雪も増えていきます。

私鉄の小さな駅を降りるとボタン雪が降り始め、
すぐにコートが白くなってしまいました。
金沢に8年程暮らしたことがあり、雪はそれほど嫌悪感はありません。
むしろ雪が降り出すと、風が止み寒さも和らぐような気がして、
自分も回りも次第に白くなっていくことに、少し嬉しさを覚えました。

充分に暖められた居間に案内されて、
ふと庭を見ると美しい風景がそこにありました。
この数年、お客様のお住まいに伺っていますが、
雪化粧の庭を見たのは意外にも初めてでした。
かなり広い日本庭園ですが、緑の季節に見るよりも
雪化粧の庭園はより一層広く見えました。

回りの境界と区別がつかなくなるからでしょうか、
雪は音を吸収し無音にしてくれるからか、
無彩色の風景がずっと奥のほうまで広がっているような気になります。














いつだったか、このお住まいの裏庭にあるモミジ巨木の下で休息している時、
頭上をたくさんのメジロたちが枝を渡っていく姿を目にしました。
緑の葉のモミジに黄緑色のメジロ達が鳴きながら渡る姿に
感動しましたが、今日の無音の雪化粧もまたとても感動しました。

ご主人は時折、庭の見えるこの場所に朝食を運んでもらい
音楽を聴きながら朝のひと時を過ごされるそうですが、
なにやら僕もどこかの「ハイダウェイ」に来た気分です。

そんなとりとめの無い話をしながら、
新しいお住まいの全体像を少しずつまとめていきます。
新しい計画では庭をもっと広くする予定ですので、
より一層豊かな気持ちになれるでしょうね。

ヒアリングにはご家族のみなさんが参加されますが
いつも思うことは、ご家族がとても「おおらか」であること。
ゆったりとした生活をされているからでしょうか、
この場所にいると私もとても穏やかで、ピュアになっていくような気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿