2014年11月27日木曜日

安堵と寂しさ



毎日がとんでもない速さで過ぎていきます。
スケジュール管理はしているものの、
やることが多すぎて、日々積み残しをしてるようです。
クライアントの皆様には色々とご迷惑をお掛けしておりますが、
今しばらくご辛抱下さいますようお願い致します。

京都北山のお住まい「新しい京都時間の佇まい」も
施主検査が数日前に完了し、引渡し前の手直しを進めてます。
RCの地下部分、木造の1F、2Fと混構造の建物です。

豊かな立体的な空間がとても気持ちがよく、
それでいて何処となく緊張感が漂います。
その緊張感がとても京都らしいと僕は思います。

 地階から見上げる玄関ホール側とキール構造階段の裏側。
この階段は普段あんまり見せない裏側のデザインが
表の顔になるように設計しています。手摺りがシャープなので
ピーンと張り詰めた緊張感があります。


















 中庭に植えられた株立ちのアカシデ。
5m程の高さがあります。
もう紅葉も終わりですが、来年は春の新緑から
クライアントご家族を楽しましてくれるのではないでしょうか?
歩廊のチャコールブラックの床とオフホワイトの壁の向こうに
アカシデが見えておりますが、とても美しいです。














リビング吹抜けの見上げ、そしてイタリア「FLOS」社の照明器具。
黒いものはスピーカーです。
天井まで5.5m。静かで豊かな空間です。














白い壁に黒いアザがあるように見えますが、
単なるレンズの汚れです。北側の庭のシマトネリコも
少し見えています。




























キール構造の階段がとても美しいです。
右側に少しだけ映り込んでいるのが和室。
床の間は床板が黒御影石、壁はオレンジとえんじ色が
混ざったような独特な色合い。
床柱は銘木ではありません。スチールの芯材に
メタリックなダイノックシートを貼ってあります。
天井は得意の船底天井。。。。。

そして最後にキッチン。
かなり大きなキッチンです。存在感もあります。
とても美しいキッチンです。
鏡面仕上げなので日々のお手入れが大変ですが、
使いやすそうです。
バック収納に46インチほどのTVモニターが組み込まれていて、
音声は天井に仕込まれたスピーカーから出力されます。














長い工事期間でしたので、大変でしたが
完成に近づくと安堵感もありますが、一抹の寂しさも覚えます。

0 件のコメント:

コメントを投稿