2014年11月16日日曜日

集合住宅インテリア



ちょっとバタバタしているこの頃ですが、
その合間に現在大阪市北区で工事を進めている
単身者向け賃貸集合住宅のパンフレット写真用
モデルルームをコーディネートしてました。

異なる種類のモデルルームを3タイプ作るのですが
まずはオリエンタルな雰囲気の部屋を作りました。
単身者用ですから、1戸あたり30㎡に満たない大きさですが
その中で日々の生活をちょっと洗練させ、
スタイリッシュなイメージを想像して頂けるような設えを考えます。

テーマは「オリエンタルなシルクタッチの光沢感」
光モノをたくさん使いながら上品にまとめないといけません。

空間をイメージして頂けるように、最初に目に入るスリッパから
シルクタッチです。


















集合住宅を作る度に毎回モデルルームのイメージを考えますが
出来るだけ異なるイメージにしないといけないので結構大変です。
ネタ切れにならないよう勉強しないといけません。


















予算も限られているので、インテリアショップをハシゴしながら、
自分のイメージに合う小物を探しまくりますが、
どうしても用意出来ない時は、私物を提供したりします。
額に入っている写真は、私が過去に訪れたアジアのラグジュアリーなホテルで
あれこれ撮影したものをプリントしてます。


















今回は特に壁紙の一部をアクセントカラーにするよう
お施主様からオーダーがありましたので
その壁紙の色を決めた上で、全体のイメージを考えました。
鮮やかな色のクッションもタイシルクを使ってあり、
鈍い光沢感があります。

花材屋さんとか、生地屋さんとか普段行かないところを
ウロウロしたりしますから、なかなか楽しいですよ。


















今月中にあと2部屋まったく異なるイメージの部屋を作らないと。

その前に新しい集合住宅のプランを完成させないといけませんが、
トンネルの向こう側の灯りが見えてきたので、
まとめ上げて予定通りプレゼン出来そうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿