2014年10月29日水曜日

仕事を楽しむ



「日々仕事に追われています。」
ここ数年そんなことばかり言っています。

住宅の工事は年内完成予定が4棟ありますが
何とか新居で新年を迎えていただくために奔走しています。
この11月中の工事進捗が勝負どころです。

上棟が一番遅かった「削ぎ取られた風景」は急ピッチで
工事を進めています。
インナーバルコニーには大きなルーフウインドウが4枚設置されており、
隣接する全面ガラスの洗面所と共にとても明るい空間を構成しています。
写真はその天窓からダイニングキッチンに差し込むシャープな光。
一番陽が当たりにくい場所にあるキッチンに、
冬期間穏やかな太陽光と温もりを届けてくれることなるでしょう。














地下1階に下りる階段、玄関ホールには吹き抜け上部に
南北に長い天窓スリットを設置しています。
玄関床から約5mほどの高さに設置された開口部から
こちらも階段上部の壁全体に太陽光線が回り込むように
計画しています。


















一方北区南森町で進めている「扇町公園プライマリーワン」は
最上階の配筋を施工中。施主と共に配筋検査を実施しました。
その場所からは360度近い風景が見渡せます。
因みに写真は大阪駅、グランフロント方向を少しズームして
撮影したもの。
素晴らしい都市の夜景も楽しめるでしょうね。
来月にはモデルルームの設えも検討しなければなりません。




























それから大阪市内で集合住宅を計画されているお施主様が、
インターネット上でスタジオクランツォを探し当てられ
会って話を聞きたいとご連絡を頂き、先日アトリエでお会いしました。














ご縁とは不思議なもので、お話をお聞きしながら色々な事を手繰り寄せていくと
1本の強い糸になるように絡みあっていきます。
お施主様の生まれ育った北陸の古都に、私も8年間暮らしていたことが
お施主様との距離をぐっと近くしたように思います。
11月下旬にはファーストプレゼンを計画していますが、
まわりは集合住宅だらけの土地柄。。。
奇をてらわず、本当に誇れるよい住まいを考えてみたいと思います。

それ以外にもじっくりと計画を進めている「庫裡」や集合住宅、
「京都・伝統的建造物群保存地区」でのプロジェクト、
そしてスタジオクランツォ最大規模のプロジェクトなどが控え、
当分は休む間もありませんが、健康には細心の注意を払い
お客様にはご迷惑のかからぬようにしたいと思います。

それにしても私のアトリエで働きたい人材はいないものか
思案に暮れております。

0 件のコメント:

コメントを投稿