2014年9月2日火曜日

斜壁をデザインする



週末、週明けとも各地で打合せが続いて休む間もありませんでした。

敦賀の「LINEA PARALLELA」では外壁・天井を「アイシネン」という
充填断熱材で包んでしまうため、配線・配管位置の変更が出来ません。
そこでクライアントと各部屋の配線位置等の確認作業を行いました。
また、サッシ位置の最終確認も済ませました。

テープを挟みでカットした時に出来る斜めのラインを
建物の端部に表現しているのですが、
これはデザインと周辺からのプライバシーを守るため。。。

敷地が広いのですべてに塀を建てるわけにもいかず、
考えた末に建物そのものが塀のようになればいいのではないかという
アイデアがデザイン化されています。
写真は左側がキッチンプレイルーム、右側が浴室・洗面なのですが
端部を斜めの壁にすることで外部からの死角を作り、
開口部のほとんどを防犯複層の透明ガラスに。
































浴室・洗面とリビングダイニングは水盤のある屋根無しの渡り廊下で
行き来できるようにしてあります。(もちろん渡り廊下を歩く時は
裸では困りますが。。。)
斜めの壁により外部からはまったく見えないので、
こちらも透明ガラス。もちろん防犯複層ガラスですが、
リラックスしてバスタイムを過ごすことができます。

LDKは30帖ほどありますが、その奥にプレイルームがあり
全面開放できる建具で仕切ってますので、
合計すると36帖ほどの広さがあり、天井高さも2.65mなので
かなりゆったりした空間になってます。
写真は玄関ホールから見たLDKです。


















外部もこれから塗装下地のサイディングを貼っていきます。
敷地外に面する方が屋根の水上になるため
笠木までの高さが5m程ありかなり迫力があります。
一見建物に沿って右側に道路があるように見えるのですが
これは私有地なのでこちら側からの敷地アクセスは不可!
こちら側も左右の端部は斜めにカットした袖壁があります。














夜は敦賀湾に面する割烹民宿で海鮮バーベキューを頂きました。
「Tさん」いつもいつもご馳走になって申し訳ありません。
敦賀の黒鮑美味しかったです。
































ご馳走様でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿