2014年8月29日金曜日

工事は進む!



現在アトリエでは近畿地方5箇所で工事が進んでいますが、
気分的にバタバタしている状態ではありません。

色々なパターンの工事が平行して進んでいるのでとても刺激的です。
難航していた「削ぎ取られた風景」も擁壁、地階の工事が完了し
来週からは1階部分の柱状改良が始まります。
お盆明けから柱状改良までの間、工事の様子をチェックするのも
面白いのではないかと思い、今日は経過写真をアップします。

まずは地下1階のコンクリート工事が終わって、
これから防水工事を待つ姿。














写真の開口部はゲスト用の玄関になります。
手前のスペースは駐車場。高さ2mほどのコンクリート上部に
1階の基礎をこれから作っていきます。

まずはRC部分と土砂との間に防水層を施し、
断熱材を土砂との間に挟み込みます。
手前側はドライエリア(空掘り)があるので、
この面には断熱材を貼っていません。














養生期間が済むといよいよ土砂の埋め戻しが始まります。
埋め戻し用の土砂は山砂です。
高さ2mほど埋め戻しますので、かなりの土砂量です。
黒っぽい壁に数字が書いてあるのは、埋め戻しを一度にするのではなく
6回に分けて少し土砂を入れては地ならしし、機械で突き固めながら
埋め戻すための印。地盤沈下を防ぐためです。










































地道な作業ですが、見えなくなってしまうところが
一番重要なのです。施工写真もきっちり撮影してあります。
計画地盤まで埋め戻しが終わると、今度は大型重機で
地ならししながらまた転圧して固めていきます。
やっとこれから建物を建てる基礎の準備にかかれます。














本日やっと、柱状改良の機械が運び込まれました。
これから建物が建つ基礎下に円筒状の穴を掘り
コンクリート流し込んで柱状の杭を造ります。
直径60cm長さ4mほどの柱を40本作っていきます。














敷地が一段高い位置にあるため、機械をレッカーで吊り上げてセットします。
さあ、来週から地盤改良工事が始まり、基礎配筋図、木造プレカット、
高さ2.9mある特注のスチールサッシなどの図面チェックが平行して
進んでいます。




























明日は敦賀市で工事が進んでいる「LINEA PARALLELA」の施主打合せ。
日曜日はこの「削ぎ取られた風景」の施主打合せ。
月曜日は新宮市の「ゆらぎの情景」の施主打合せ。
休みも無く北へ南へと走り回らないといけません。。

でもそんな多忙な時間が充実していて、建築が楽しくてしかたありません。
とても幸せだと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿